どんなスーツにも合わせやすいビジネスバックの色選び

ひとつめのビジネスバックは、きっと「毎日使えるものを」と考えて選ぶことでしょう。その選択基準として、機能性、価格、素材、色があります。最重要は使い勝手の良さ、機能性でありますが、毎日持って歩くためには、その色がどんなスーツにも合わなければなりません。一般的なスーツのは、紺、黒、グレー、茶ですから、それらのどのスーツにも合うとすると、ビジネスバックは黒、濃紺、濃い茶が選ばれることになります。

黒、濃紺、濃い茶のバックはどのスーツにも合うだけでなく、どんなクライアント先に訪問しても、失礼のないきちんとしたビジネスマンの印象を抱いていただけることでしょう。黒の光沢のある革のバックなど素敵ですね。持っていたら洗練されたビジネスマンだと思われることでしょう。たかが道具、されどバックは持つ人の印象までも変えてしまう重要なアイテムなのです。

だからこそ、素材やデザインによっては、野暮ったく見えたり、安物に見えたりしてしまうので要注意です。けれども、毎日使って傷ついてくたびれていくものに、そんなに高価なものは選べない。それではどうしたらいいのでしょう。

ここで目をつけていただきたいのが、デザインにおけるワンポイントの変化なのです。ベースは基本の黒、濃紺、濃い茶を選び、その把手、マチ、フチに特徴のあるものを選びましょう。例えば、それらの部分だけベージュであるとか、素材が異なるとか。そんな小さな変化で、おしゃれ度はグンとアップするのです。また、縫い糸にも注目です。

ほんのコンマ何ミリかの糸がベースと異なると、それだけでバックの印象は変わります。また、生地の折り方に特徴がある素材を選ぶのも良いでしょう。異なる角度から見ると、模様が変化して見える、そんな生地なら、さりげないおしゃれを演出できます。他人とくに女性は、小さな部分をチェックしています。高価な革素材やブランド品でなくても、通りすがりにふと目にしたワンポイントに気づいたとき、「この人、おしゃれだな」と思うものです。細かい部分に気を配ってこそ、そのビジネスバックを選んだ人は評価されるのです。

ふたつめのビジネスバックを選ぶならば、「毎日でなくても、多くの場合に使えるもの」を選ぶことになるでしょう。そのときは、まず自分の持っているスーツをチェックします。紺が多かったら、紺に合うものを選びます。ひとつめに黒を持っていたら、次は基本の濃紺ではなくて、少し違う色、例えばカーキ色などを買っても良いかもしれません。

濃い緑やえんじも、意外にどんなスーツにも合います。クライアント先が一般的な企業であるならば、カジュアルとは思われずに十分にビジネスとして受け入れられる色です。ふたつめのバックはそんなチャレンジしてみても良いかもしれません。

長く使えるのは、タフで丈夫なビジネスバック

ビジネスバックを選択する時、デザインやカラー、ブランドなど様々な選択肢が選ぶ為の基準となります。ですが、最も必要なファクターは頑丈さと言われており、その所以を知る事が大切です。

営業成績アップ!勝てるビジネスバックはコレだ!

営業マンにかかせないビジネスバックは、見た目や使いやすさを考えて選びましょう。相手ありきのビジネスなので、相手を不快にさせない配慮が必要です。

ビジネスバック修理サービス、ファスナー交換の相場

ビジネスバックのファスナーを交換する場合、その鞄のメーカーに預けるか、街の修理屋さんに出すのかで、料金が大きく変わることが多いです。また、鞄の構造によっても料金が左右します。

40代に似合う、人気のビジネスバック選び

働き手が不足すると言われて、どのような雇用形態であれ40代は働き盛りです。通勤時に使用するのはビジネスバックが多いと思われていますが、飛び抜けた人気商品がないのもこの年代からといわれています。